妊娠中は体重管理が大変です!

妊娠中ってちょっと食べただけでもあれよあれよという間に
体重が増えてしまいますよね。

 

妊娠初期はつわりで食べられないことが多いのですが
安定期になると猛烈な食欲に襲われ我慢できない!ってこともあります。

 

もちろん妊娠初期からつわりがない方もいれば、
生まれるまでずっとつわりが続いたなんて方もいます。

 

つわりが続く間は体重が増えないのですが、つわりがない場合
妊娠中の体重管理は非常に厳しいものがあります。

 

妊娠前と同じような食生活をしていると簡単に体重が増えてしまいます。

 

健診に行った時の体重測定であまりにも増えすぎていると
先生にこってりしぼられ、栄養士さんからの厳しい食事指導が入ります。

 

日本の産婦人科医は妊娠中の体重管理にやや厳しい傾向にあるのですね。

 

あまりにも厳しい食事療法をしていると胎児の体重が増えないので心配ですし
体重が増えすぎるとお産が大変になります。

 

妊娠中は食事のバランスを考え、なおかつ適度な運動(ウォーキングなどの軽いもの)を
うまく取り入れた生活をして体重を増やさないように気をつけるのがお勧めですよ。

 

妊娠中は便秘になりやすいので、食事の際には食物繊維が豊富な食材を使って
和食中心のあっさりしたものを食べるようにしましょう。

ダイエットサプリは飲んでもいいの?

妊娠中に体重が増えすぎてしまった!

 

ダイエットサプリを飲んでダイエットをしたほうがいいのだろうか?
ちょっと考えてしまいますよね。

 

妊娠中は基本的にはダイエットをしてはいけません。
もちろんダイエットサプリも飲まないほうがいいでしょう。

 

妊娠中は食事を見直し、軽く運動をする程度にして
ダイエットサプリに頼ったり、絶食するといったことは
してはいけません。

 

もちろんダイエットサプリは健康食品なので薬のように
催奇形性があるような成分は含まれていません。

 

しかし、ダイエットサプリの中には、消化吸収を妨げる成分や
カロリーカットをする成分、下剤成分などが配合されているものが
多くあります。

 

さらにアミノ酸系のサプリメントなどは胎児の巨人症が心配されるため
妊娠中は飲まないほうがいいのです。

 

センナやキャンドルブッシュなどの下剤効果があるようなお茶も
飲まないようにしましょう。

 

妊娠中にサプリメントを飲むとしたら、ベビー用品のメーカーで
妊娠中のためのサプリメントが売られていますので、そういった専用のものを
飲むようにしてください。
肥後すっぽんもろみならダイエットにも最適です。

 

安定期を過ぎたら、安産のためにもウォーキングやマタニティスイミングなどを
取り入れて体重を増やさないようにしましょう。